表面加工してある焦げ付かないフライパンの寿命について

プロの調理師にも愛用されるようなフライパン

寿命が長い金属製のフライパンについて

表面加工していないという金属製のフライパンはどれも長持ちすると言われてます。

「銅」で作られたフライパンは熱の伝導率が高いことでも知られていて、パンケーキのように弱火でじっくりと焼き上げたいときに力を発揮します。
パンケーキが人気のお店は銅板を使用して焼き上げているところが多く、その実力は実証済みだと言えるでしょう。
「ステンレス」のフライパンは食材が焦げ付きやすいという問題点があるようですが、その分丈夫であることや錆びにくいこと、汚れが落ちやすいことなどがメリットになっています。
他にも金属アレルギーを起こす心配もなく丈夫で軽いという「チタン」や、軽くて扱いやすいことからパスタとソースを絡める際によく利用されている「アルミニウム」のフライパンなど、金属製のフライパンにもいろいろな種類があるのです。

鉄のフライパンの魅力とは

一般的に焦げ付きにくいフライパンの方が扱いやすいと多くの人に重宝がられていることは理解していただけたと思いますが、料理が好きで調理器具にもこだわりたいというような人にとっては金属製のフライパンも魅力的だと思います。
昔からある「鉄」で作られたフライパンは丈夫であることが何よりのメリットで、使い込んでいくことによって油が馴染んで焦げ付かなくなっていくといいます。
初めのうちはこびりつくことがあるかもしれませんが、傷がつきにくい鉄製のフライパンなら力を入れて磨いても問題はないでしょう。
愛着を持って育てていくという感覚であえて鉄のフライパンを使い続けるというのもおすすめです。
また鉄製のフライパンで調理すれば溶け出した鉄分を料理と一緒に摂取することができて貧血予防にもなるといいますから、サプリメントを飲む前に試してみてもいいでしょう。