表面加工してある焦げ付かないフライパンの寿命について

焦げ付かないように工夫されたフライパン

寿命を延ばすために注意すること

フッ素樹脂加工が施されているフライパンは高温に弱いと言われているので、中華料理を作るなど強い火力で使用するよりも弱~中火で使う方が長持ちするといいます。
また表面に開いた細かい無数の穴が特徴だというフッ素樹脂加工のフライパンは、油などが染み込むことによりコーティングが剥げやすくなるようですから、最近流行りのスキレット鍋のようにそのままテーブルに並べるという使い方もやめておいた方がいいでしょう。

どのタイプのコーティングであったとしても表面にできてしまった傷から剥げていくことは避けられませんから、長く使いたいと思うなら傷をつけないように丁寧に扱うことが大切です。
このように見かけによらずデリケートなフライパンを長持ちさせるためには、金属のヘラなどを使うことは避けてシリコン製や木製などの傷がつきにくいものを使用することをおすすめします。

使ったあとのフライパンの扱い方

表面加工の種類によってフライパンの強度は異なってくるようですが、こびりつきを防ぐためにフライパンの表面を何かでコーティングするというという点ではすべて共通しています。
つまり使用していくことで少しずつ劣化が進み、コーティングが剥がれていってしまうことを避けることはどうしてもできないのです。

コーティングが施されているフライパンは、使用後の取り扱い方に気を配ることで寿命を延ばすことができそうです。
フライパンを使ったあとはなるべく早く料理を取り出して綺麗な状態にした方がいいといいますが、だからといって熱々のフライパンに水をかけて急激に冷やすことはやめておいた方がいいといいます。
そしてフライパンを洗う際には表面を傷つけないように研磨剤の入ったクレンザーではなく中性洗剤を使用し、重ねて保管するなら間に緩衝材を挟むなどの工夫をしておいた方がいいでしょう。