表面加工してある焦げ付かないフライパンの寿命について

調理の必需品であるフライパンについて

焦げ付きにくくするための加工とは?

調理の際に食材がこびりつくことを防止するための策として、フライパンに特殊なコーティングを施すことが一般的となりました。
その際にどのようなコーティングをするかによって、扱い方のポイントや寿命が異なってくると言われています。
焦げ付きにくいフライパンの代名詞のようになっている「テフロン加工」のフライパンというのは、アメリカの会社によって開発され商標登録されているものを特定して指しているのですが、多くの消費者が「テフロン加工」と「フッ素樹脂加工」の区別ができないままで過ごしているような気がします。

こびりつきを防ぐための加工には、代表的な「フッ素樹脂加工」だけでなく「ダイヤモンド加工」や「マーブル加工」「セラミック加工」など、いろいろな種類があると言いますので順に見ていきたいと思います。

表面加工によって違うフライパンの寿命とは

ここからは加工の種類によって違うフライパンの寿命について見ていきたいと思います。
一番オーソドックスなコーティング法であるフッ素樹脂加工のフライパンは、1~2年ごとに買い替えるというのが一般的だと言われていますが、さらにフライパンの強度を高めるためにダイヤモンドの粒子や大理石の粉を混ぜたものでコーティングしたり、耐熱性にも優れ摩擦にも強いというセラミックでコーティングしたりしたものも出回っています。
これらはフッ素樹脂加工したものよりも耐久性が高いと言われているので、丁寧に使えば2~3年は安心して使い続けることができるでしょう。
表面加工してあるフライパンの寿命はコーティングが重ねられている厚さによって決まると言われているので、購入を検討する際には価格だけでなく何層構造になっているかという点をチェックしてみることをおすすめします。